2019年3月12日 第186回フィラー研究会が開催されます

日時:2019年4月16日(火) 13:00~ 受付
場所:連合会館(旧 総評会館) 2階 大会議室
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11  ☎03-3253-1771 (代)

13:30~14:30 講演①:高せん断成形加工技術を用いた多様なナノコンポジットの創製
          株式会社HSPテクノロジー 代表取締役社長 清水 博 氏

14:45~15:15 製品紹介①:チタネート系・アルミネート系カップリング剤と高分子系分散剤
          味の素ファインテクノ株式会社 研究開発部 佐藤 直哉 氏

15:15~15:45 製品紹介②:比表面積装置・画像解析式粒度分布ソフトの分析装置類の紹介
          ㈱マウンテック 営業部 藤城 堅大 氏

16:00~17:00 講演②:ノンハロ難燃剤の開発と用途展開
          株式会社ADEKA 樹脂添加剤開発研究所 清水 辰也 氏

講演①:世界に先駆けて開発した高せん断成形加工技術を用いることにより、従来不可能だった非相溶性ポリマーブレンドのナノ混合化、さらにはカーボンナノチューブ(CNT)に代表されるようなナノフィラーのポリマー中へのナノ分散化が可能となり、多様な新規ナノコンポジット材料が創出できるようになりました。本講演では、この技術の概要をまず紹介し、続いて、CNT,各種ナノ粒子、層状ケイ酸塩、さらには炭素繊維などのフィラーを各種ベースポリマーに分散させて作製したナノコンポジットの実例を順次紹介させて頂きます。

講演②:軽量化を目的としてプラスチック複合材料による金属代替が進み、様々な分野でプラスチックの用途が拡大すると共に難燃要求も増えている。「火災の未然防止、延焼抑制」といった従来の役割に加え、「火災時の安全性確保」の観点から燃焼時の発煙量や煙毒性を重要視する傾向が強まっている。本講演では火災時の安全性に優れたノンハロ難燃剤として開発したイントメッセント系難燃剤 「アデカスタブ FP-2500S」の難燃性能に関して、各種難燃剤との比較やフィラーとの併用効果などを中心に紹介する。また、難燃ポリオレフィン用途で要求される各種性能(耐候性/耐熱性/帯電防止性など)を満たす添加処方の最適化に向けた取り組みについても併せて紹介する。

製品紹介①:様々な分野での材料の高機能化に対応するため有機材料と無機材料を巧みに組み合わせた複合材料の開発が行われてきたが、近年では物性の更なる向上を目的としてフィラーの微粒化、高充填化が求められ、異種材料界面の設計改善が必須となっている。本講演では、改善策の一つとして活用されているチタネート系カップリング剤、アルミネート系カップリング剤、高分子系分散剤について紹介させて頂く。

製品紹介②:粉体分析装置メーカーである株式会社マウンテックの業務紹介として「全自動比表面積測定装置Macsorb」並びに「画像解析式粒度分布測定ソフトMac-View」の製品紹介を致します。Macsorb:全ての測定工程の自動化により迅速かつ高精度の測定を可能。様々なオプションユニットがありお客様の運用環境に適した装置の構築が可能。Mac-View:読み込んだ画像から条件を入力するだけで、粒子を自動的に認識し、粒度分布、形状係数などを迅速かつ正確に計測することが可能。
2019年2月24日 第185回フィラー研究会・第36回総会が開催されました

研究会参加者は54名、賀詞交換会参加者は35名でした。

日時:2019年1月25日(金) 13:00~ 受付
場所:エル・おおさか(大阪府立労働センター)南ホール
〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14 地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅から西へ300m
TEL:06-6742-0001

13:30~14:20 第36回総会(平成30年活動報告・会計報告、平成31年活動予告・予算など)

14:30~15:30 講演①:株式会社セイシン企業の事業及び機能性材料の紹介
         株式会社セイシン企業  営業企画事業部 事業部長 照井 愼一 氏

15:45~16:45 講演②:中国コンパウンド樹脂業界の現状及びフィラー動向に関して
         雨田株式会社 代表取締役社長 雷 盛華 氏

17:00~ 賀詞交換会(場所:本館10階 宴会場 梅寿 参加費:3,000円 当日徴収)

講演①:今年創立50周年を迎えた粉粒体専門メーカーである株式会社セイシン企業の業務紹介として粉粒体測定器及び製造装置の開発・設計・製造・販売と当社独自システムの受託粉粒体加工サービスのご紹介とフィラー用途とされる機能性材料(PTFEパウダー・PPパウダー・マイカ等)をご紹介します。

講演②:中国の改革開放以来、特に直近の20年間はGDPの急成長に伴い樹脂の需要も日に追って増えてきています。本講演は中国の樹脂コンパウンド業界の現状及び、それに纏わる樹脂フィラー、助剤の動向について調査した情報/データーを共有できればと思います。グローバル化が進む目下、日本の樹脂業界においても、中国はもはや無視できない存在になってきました。VAかBCP観点で中国のサプライヤーを探される時に図星はどこにあるか、要注意事項は何があるかについても探って見たいです。
2018年12月27日 第26回フィラーシンポジウムが開催されました

参加者は81名でした。次回も2019年11月28日(木)、29日(金)にホテルグランテラス富山で開催致します。皆様のご参加をお待ちしております。
2018年10月5日 第26回フィラーシンポジウムの講演募集は締め切りました

講演申込ありがとうございました。
2018年9月10日 第184回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は90名、交流会参加者は45名でした。
2018年7月29日 第183回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は58名でした。
2018年6月17日 第2期第3回フィラー講習会が開催されました

受講者は62名でした。
2018年4月24日 第182回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は70名でした。
2018年2月24日 第181回フィラー研究会・第35回総会が開催されました

研究会参加者は60名、賀詞交換会参加者は47名でした。
2017年11月25日 第25回フィラーシンポジウムが開催されました

参加者は69名でした。来年度も11月29~30日に富山で開催致します。皆様のご参加をお待ちしております。
2017年9月30日 第180回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は90名、交流会参加者は40名でした。
2017年7月26日 第179回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は71名でした。
2017年4月21日 第178回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は116名でした。
2017年2月5日 第177回フィラー研究会・第34回総会が開催されました

研究会参加者は60名、賀詞交換会参加者は38名でした。総会報告はこちら をご覧下さい。
2016年12月23日 第24回フィラーシンポジウムが開催されました

参加者は68名でした。
2016年9月16日 第176回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は69名、交流会参加者は32名でした。
2016年8月1日 第175回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は48名でした。
2016年6月8日 第2期第2回講習会が開催されました

受講者は56名でした。
2016年5月9日 第174回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は86名でした。
2016年2月6日 第173回フィラー研究会(第33回総会)が開催されました

総会・研究会参加者は83名、賀詞交換会参加者は52名でした。
2015年11月28日 第23回フィラーシンポジウムが開催されました

参加者は69名でした。富山までご足労頂きありがとうございました。
2015年10月08日 Nプラス材料と技術の複合展で特別セミナーが開催されました

「Nプラス材料と技術の複合展」に協賛するとともに展示会場にて特別セミナーを開催しました。
聴講者は164名で非常に盛況でした。会社製品紹介講演にご協力頂きました白石カルシウム(株)様、(株)マーストーケンソリューション様、(株)ナード研究所様、昭和電工セラミックス(株)様(順不同)に感謝致します。ありがとうございました。
2015年10月08日 第172回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は73名、交流会参加者は33名でした。
2015年08月08日 第171回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は53名でした。台風の中ご参加ありがとうございました。
2015年05月26日 第2期第1回講習会が開催されました

受講者は56名でした。
2015年04月13日 第170回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は50名でした。
2015年02月13日 第169回フィラー研究会(第32回総会)が開催されました

総会・研究会参加者は66名、賀詞交換会参加者は49名でした。
2014年11月28日 第22回フィラーシンポジウムが開催されました

参加者は60名でした。2日間に渡りお疲れ様でした。
2014年10月06日 第168回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は80名、交流会参加者は40名でした。
2014年07月17日 第167回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は75名でした。
2014年05月26日 第9回講習会が開催されました

受講者は68名でした。
2014年04月30日 第166回フィラー研究会が開催されました

研究会参加者は71名でした。
2014年01月17日 ホームページが新しくなりました

詳細につきましては事務局より後日ご案内させていただきます。
2014年01月09日 第165回フィラー研究会(第31回総会)が開催されました

総会・研究会参加者は86名、賀詞交換会参加者は53名でした。